12 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

GUNさんの趣味なブログ【 Harley FLSTS・FXDB・Mercedes W463_G320・Jeep Wrangler Unlimited】

2輪と4輪で遊ぶ、旅やこだわりアイテム紹介

 

にほんブログ村 にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ にほんブログ村 アウトドアブログへ人気ブログランキングへ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   
にほんブログ村 にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ にほんブログ村 アウトドアブログへ人気ブログランキングへ

WRANGLERで富士山初詣 

JEEPで初詣に行ってきましたよ。
20160101_fuji_005.jpg
1月1日元旦。サンセットダイヤモンド富士の30分前?

今年もよろしくお願い致します。

例年元旦って晴れてますよね。
午前中新年のご挨拶的なのを済ませたら、
ドライブついでに初詣に。

天気が良い、
朝のテレビで富士のご来光を中継していた。

パチパチとチャンネルを回すと、
フジテレビだけ若手のお笑い番組をやっていた。

フジテレビの集落ぶりはネット系メディアでは盛んに騒がれている。
月9ドラマにしかり、大晦日曙とボブサップが戦っていたり。。。

訳分からん芸人の騒ぎより、ZIPを見てた方がよっぽど良い。

フジは、なんか古いよね。

そんな訳で凄く良い天気。
テレビに真似て富士山周辺行ってみようかと。

東名は混雑してそうなので、道志みち経由で山中湖に向かう。

宮ヶ瀬から道志に入る道中、
背中にMTBを背負う黒い軽ワンボックスとすれ違う。

おっ!
と思いミラーで後方を確認するとオリーブグリーンのマウンテンバイク(笑

どうやら、富士山麓は全域好天のようだ。

今日の富士は綺麗だよとの情報に足取りも軽やかに。

18インチホイールに交換してから、箱根とか色々走ったが
街中だとピッチングが煩雑な印象だが、山坂道だとリニアなハンドリングに感じる。

安定してスムーズな印象。
ステアリング操作に淀みなく反応してくれて気持ちよい。

道の駅は休館。
トイレを済ませ富士を目指す。

道志を抜ける直前の気温計は2度。
路面凍結はなかったけど、それなりに冷えているようだ。

山中湖は湖畔の駐車場は車で溢れている。
写真を撮りたかったけど、まぁスルーしよう。

湖畔もいいけど、
こっちの方が僕は好きだね。
20160101_fuji_001.jpg
忍野はこの時期サンセットで山頂を太陽が通るみたい。

あと30分もすればいい感じの日射になるけど
本来の目的は初詣。

暗くならないうちに浅間神社に向かいましょう。

20160101_fuji_002.jpg
場所柄、猛烈な混雑とは程遠い
和やかな参拝客の数。

神社の説明看板には、西暦788年創建。
武田信玄とか歴史を感じる人物の名が。

古いねぇ。と感銘を受ける。


本殿のお賽銭には長蛇の列だが、
お賽銭もお守りも寄付金に変わりない。

お札やお守りを買えばいいのさ。

神社の売店で暖を取ろう。
おしるこ200円、甘酒100円、

う〜ん、腹減ってないし甘酒にしよう。

麹入れすぎだし、塊も入ってたし
人生史上稀に見る不味い甘酒でした。。。

幸先悪いな。。。

日が傾くと、参拝客も駐車場もまばらに。

遅くなってもあれだから、帰路に。

20160101_fuji_003.jpg
小川と富士山とJEEP。
いいロケーション、こんな景色の見える土地に住めたら素敵だな。

20160101_fuji_004.jpg
夕暮れの富士。

三国峠でR246経由で帰宅です。

行きの山中湖で燃料のエンプティの警告灯がついたんだけど、
松田までガソリン入れなくてちょっぴりハラハラしながら帰ってきました。

79L入ったから、家まで無給油で帰れたな。。。

正月休みも明日で終わり。
もう少しリフレッシュして火曜日に備えようっと。
スポンサーサイト

Category: JEEP WRANGLER UNLIMITED

tb 0 : comments 2   
にほんブログ村 にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ にほんブログ村 アウトドアブログへ人気ブログランキングへ

JEEPでオフライド 

こんばんわ。

年が明けちゃいましたね。

さて、短い冬休み
ハーレー仲間であり、先日よりJEEP仲間となったGさんと
MTB & WranglerでOff Rideしてきました。
20151231_OFF_002.jpg
河原をヒルクライムだぜ。(あら、タイヤ&ホイールが変更されてますね)

早速スタッドレスを買い与え、信州の雪道を走ってきたそうです。

2年前?の大雪は記憶に新しいと思いますが、非スタッドレスでも
純正採用されているオールシーズンタイヤ(オールテレーン)は
マッド&スノーなので楽に雪道を走る事ができます。

アイスバーンではさすがに厳しいですが、(ABS効いて止まるけれども、ツーって一瞬滑りガガガってABS作動)
グリップ感とテールスライドコントロールなど路面コンディションでのキャパシティを確認してれば
厳冬期の雪山道でもそこそこ走れてしまいます。
まぁ、路面凍結がどこに潜んでるか、事前に知る由もないので
用心に越したことはありません。

11月末に納車して2000キロ以上走っているのかな?
ラングラー楽しいわ〜との事なので、よかったよかった。

セブンイレブン9:30集合して
マウンテンバイクで河川敷のオフロードコースを走り汗を流してまいりました。
2〜3時間はペダル漕いで走ったのかな?

汗かいて必死にペダル回してるので写真なしですが、
アップダウンあり、砂地あり(砂は進まないね。。。)、ヒーヒーです。

20151231_OFF_001.jpg
KLXとかWRとかが走り回るコースなので、結構辛いんですが、
個人的にはいい運動になるので、MTB購入してからチョイチョイ遊んでます。
心肺機能のボアアップです。


MTBは背面キャリアで運搬。
ブラックホイールに交換してから2回目の河川敷。
今回はオフロードセクションで雑木林に入ってしまったので、結論から言うとホイールに細かい線傷が。。。泣

ボディに接触しそうな小枝は除去しながら走ったのですが、足元の茂みはノーチェックでした。。。

50センチも離れれば、キズなんか見えないけど
履き替えて1週間もしないでコレはちょっとショックです。

ブーツのキズは気にならないけど、車の塗装関係はショックを受け止めきれません・・・

年明けて、ホイール水洗いして指で揉み込むように、キズ部分をなじませたら
キズの角も取れ、光の屈折が馴染んできたので許容範囲には戻りましたけども。


20151231_OFF_004.jpg
これは前回行った時、
結構な勾配を登ったんですけど伝わらないな。


20151231_OFF_003.jpg
グイグイ登ってきますね。


新車のルビコンが
ジムニー軍団が走破した道をチャレンジしたんですけど、
トランスファーを4Hでタイヤが空転。
前後のデフが作動するんで、空転すると残りのタイヤにトルクがかかりません。
一応LSDがついてるんですが、無理でした。。。

4Lにしてルビコンの真骨頂デフロックです。
ルビコンは後輪直結、前輪直結、4輪直結が選べるようです。
メルセデスのGと同じシステムですね。本格派なのか古典的なのか?

回転数がすべてイコールなので、スリップロスのある路面でないと機械の負荷が大変なことになるので
間違っても舗装路でデフロックをしてはいけません。

デフロックで4輪直結にしたらグイグイ進んだ。

しかし
対地クリアランス的に腹擦っちゃって、クリア出来ませんでした。。。
無理すればいけるかもだけど、バンパーとか擦っちゃダメだからね。

自分は外からフロントとリアが地面と接触しないか確認。
ナンバーが擦れちゃう角度ってすごいよね。

自分のマシンはデフロック付いてないんですけど、
ESP(エレクトロニック・スタビリティ・プログラム)やらトラクションコントロールでタイヤの空転を検知し、
空転しているタイヤにブレーキをかけ、適切にトルク分配を行う装置が付いてます。
コンピュータ制御でデフの空転を制御する装置で現代の4x4はだいたいこのシステムです。

ルビコンにも付いてると思うけど、とりあえずデフロックでチャレンジです(笑

ルビコンにはスタビライザーをフリーにして大きくサスを伸ばせる
スウェイバーディスコネクションなるシステムもあるんだけど、
ここまでいくと緊急脱出装置ですね。。。

エアサスとかで車高を高くして対地クリアランスを増やすデバイスがあれば有効なんだな〜と思った次第です。

実際のカスタムでは車高上げるのは2〜3インチまでがローコストの範囲。

78プラドでは3インチアップしてましたが、コイル、ショック、ラテラルロッド、キャスター角のアジャスターの一式交換ですね。

ランチョの減衰調整ショックでメモリをクリックしてセッティングしましたが、
線路を越えるときなど、船並みの揺れが発生して決していいものではありませんね。固いと乗り心地ひどいし。
1回経験すれば十分かな。大径タイヤを履けるけど、今度はハンドル切ったときのタイヤハウスの干渉があり、ワイドホイールスペーサーに社外オーバーフェンダーとイタチごっこです。

ラングラーは立ち姿のバランスが秀逸で足回りをいじることないと思います。

一通り悪路走破性能を体感したら終了です。

その後、泥だらけの車をお互いに手伝いながら洗車して解散と健康的な1日でした。

Category: JEEP WRANGLER UNLIMITED

tb 0 : comments 4   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。