06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

GUNさんの趣味なブログ【 Harley FLSTS・FXDB・Mercedes W463_G320・Jeep Wrangler Unlimited】

2輪と4輪で遊ぶ、旅やこだわりアイテム紹介

 

にほんブログ村 にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ にほんブログ村 アウトドアブログへ人気ブログランキングへ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   
にほんブログ村 にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ にほんブログ村 アウトドアブログへ人気ブログランキングへ

2016GW_滋賀京都福井周遊ツーリング#3 

忙しくて、記憶が薄れていく。。。
ちょっと間が開いてしみましたが、
誰かの旅の参考になれば幸いです。

旅は3日目でございます。
[1日目からチェックしたい方はこちらから]


急遽のホテル泊
目が覚めると胸元に汗をかいていた。

アラームはなっていないが5時半起床。

ホテルって空調効きすぎてて調子悪くなるよね。

かまぼこホテルに泊まりました。
2016GW_3rddday_1.jpg
この日も6時には活動開始。

雨雲レーダーをチェックすると九州でまとまった雨。
6時間後には四国、兵庫が雨の中心に。

そして風が強かった

後に分かったことだが、
瀬戸大橋、東京湾アクアラインなどは通行止めとなったそう、

天気が良ければ、福井に上がって飛騨高山方面で一泊とか考えてたけど
どう考えても荒れそうだ、雨の中延々と走るのは結構辛い。

去年も一昨年も雨の中長距離移動を強いられた。

さらにその前は風邪をひいてしまい、発熱、頭痛、倦怠感、節々の痛みを堪え
東尋坊から12時間以上かけ休み休み500キロ走破したことも。。。

仕方がない、ある程度下道で周遊して帰路につこう。


ということで、
敦賀の半島を走ってから彦根方面へ行くことに。

朝日と入江な感じでまぁ綺麗、
琵琶湖よりもいい感じ。

どうやらここには原子力発電所が敦賀原発、美浜原発と2施設もあるそう。
2016GW_3rddday_16.jpg
こんな半島なのに道路幅が広く、大きく綺麗なトンネルがあるわけだ。

市街地もライフラインも綺麗に行き届いているし、
交付金が結構あるんだろうね。

滋賀や京都の日本海側とは大違い。

2016GW_3rddday_40.jpg
奥に見えるのが美浜原発。
美浜だけに砂が綺麗、ちょっとゴミが散見してる。

市街地に戻り、お土産を探す。

敦賀駅周辺でお土産屋開いてないかと、ドコドコ言いながら走ってみる
商店街はどこもシャッターが降りたままだ。

時刻はまだ8時前、ゴールデンウィークなんだから
もう少しやる気を出せばいいのに。。。

しょうがない、駅ナカなら有るでしょ?って事で
駐車スペースにFLSTSを停めヘルメットを装着したまま駅の中に、
セブンイレブンでようやくちょっとしたお土産をゲット。

切符切る駅員30年ぶりに見た。

これで敦賀に思い残す事とはない。

国道8号線を琵琶湖方面に進む。
とりあえずの目的地は彦根城付近。

風で普通に車体1台分以上持っていかてる。
デタッチャブルのシールドが外れてしまいそう。

湘南ナンバーのドガッティ。
かなり風にビビっているのか、とてもスローリー。
スプリンガーで抜くのも微妙だがPASSしてしまおう。

相変わらず山間部の山道は気持ちいい。
距離的にも遠くないのですぐに琵琶湖が顔を出す。

どんよりした空のせいか
琵琶湖って美しくないんだな〜って感想。

この日は北東側を走ってるんだけど、
湖畔も観光地化が全然進んでなくて、雑木林的な湖畔周遊道路。

微妙ついでに、
左側のフットボードのゴムが千切れてしまった。
(足を休めるボードね)

昨年シリコンで補修したんだけど、またもやの破損。

コンビニと薬局に寄るもビニールテープが確保できず、
帰宅までずっとパカパカ。

シーソーのチェンジレバーの前後長が短く、足の置く場所が悪く
フットボードに負荷がかかってしまうみたい。

リア側のレバーを延長して対策を取りたい。

ハーフムーンのフットボードもやめようかな、
足の収まりが悪いとストレスだから。


面白みのない湖畔周遊道路を走り、

2016GW_3rddday_58.jpg
長浜城を通りつつ、彦根城に侵入。

敵襲の流れを詰まられるために、クランク状になっている。
各地方で見る戦国時代のギミックだ。

2016GW_3rddday_66.jpg
彦根城。
時間は10時過ぎ。
腹減ったけどご飯屋も開いていない。


どこに行こうかな?


2016GW_3rddday_83.jpg
安土城跡。

2016GW_3rddday_89.jpg
普段、金払って城なんか見ないけど
入場料払って入りました。

2016GW_3rddday_93.jpg
森蘭丸のお家跡。

2016GW_3rddday_98.jpg
本丸の基礎石。

2016GW_3rddday_112.jpg
信長が眺めた景色。
昔は安土山の下まで琵琶湖が伸びてたらしい。
埋め立てたのかな?

信長いいよね、
一人の天才によって、レベルがガラッと変わる。

地球儀の逸話がお気に入り。
外国の宣教師が持ってきた地球儀。

日本人みんな理解できないんだ。
丸い玉見て、ここがヨーロッパで、ここ通って日本に来たんだっても
何言ってんだこの外国人は?

みんなチンプンカンプン、地球が丸いってのが理解できない。

でも信長だけは理にかなってるって、
すぐに理解して受け入れる感じ。

カッコイイなぁ。

この高台から何が見えてたのかな〜と
思ったわけさ。

あと3時間で雨が降る。
さてと帰りますかね、

高速乗る前に、ご当地ソウルフードを食べて帰ります。

近江ちゃんぽん。
結構見かけて気になっていたんだよね。
関東じゃ見ないよね。

昨年8番ラーメン食って不味かった記憶が鮮明だけど、
期待しないで入ります。

2016GW_3rddday_119.jpg
だだだ、騙された!

訳ワカンねぇ、、、タンメンじゃねえか!とスープを飲んで出た一言。
(タンメンと例えても旨み薄です)

この辺りではメジャーらしいけども。。。

で、隣のおっさんが常連なんだろうね、
お酢大量にかけて、胡椒大量に振って、醤油を二かけ。

なるほど、
オススメの食べ方に、半分食べたらお酢をレンゲ1杯入れると〜とかいてある。

で、お酢を入れて食べてみるも、
。。。まぁ、そうだよね、

サンマーメンとかも途中で酢かけるしね。
知っているよ。

もう少しお酢を、
酸味が出てさっぱりね、

でちょっとおっさんを真似て醤油かけた訳さ、

。。。。。

もうね、醤油って香りも味も強いから、
スープの香りが醤油に負けちゃうんだよね。

後半、醤油のスープ飲んでる感じになっちゃった!

あのおじさんゼッテー味音痴!

で彦根インターに餃子の王将とか普通にあるんだよね、
コッチで良くね!?って思ってたら、

旧パチンコ屋であろうでかい建物1棟が
近江ちゃんぽん総本店ってかいてあんだけど車が溢れて、50台以上の駐車場だよ、

びっくりしたさぁ〜。
oumichan.png
ね、ウケるでしょ?

味の好みは人それぞれでございますが
東京で1店舗あるけど撤退するんじゃないかな?
美味くないもん。

味覚は人それぞれだけども。。。

でも、スシローにしても王将にしても
近畿地方って飲食のチェーン展開が多いよね。

なにわ商人、商売が上手いんだろうね。
と、ちょっと持ち上げて終わりたいと思います。

名神東名で適当に帰りましたとさ。
おわり。

事前調査もなく、現地で結構調べたんだけど
今まで行ったことないって事はおもしろみに欠けるって事なんだろうなぁ。。。


2018年1月に再訪しました。

旅の同行者と味の確認で、
夜の9時過ぎに旅の記念にお腹すいてないけど、
1杯をシェアして食べてみていいですか?
とテイスティングタイム。

なんか普通に美味しかったです。
前回がGWのピーク時間帯だったので、
ウェイパーとかシャンタンなどの旨味を入れ忘れたのか、
規定よりキャベツが多く、キャベツの芯の香りに負けてしまっていたのか?

で翌日普通に、お昼に1杯食べてみたものの、
前日と異なる味。。。

旨味が薄い感じ。

チェーン店で味付けのさじ加減が繊細なのかな?

そんな感じで悪くなかったので、
加筆訂正させていていただきます。

滋賀のソールフードをディスってしまいスミマセンでした。。。
スポンサーサイト

Category: 2016GW_滋賀京都福井ツーリング

tb 0 : comments 4   
にほんブログ村 にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ にほんブログ村 アウトドアブログへ人気ブログランキングへ

2016GW_滋賀京都福井周遊ツーリング#2 

旅2日目
[1日目はこちらから]


朝5時半起床。
昨夕の強風が一変穏やかに。

初コットの寝心地はなかなかいい。

多少腰がくの字折れるので、仰向けでなく横向きで最終的に落ち着いた。

2016GW_2ndday_5.jpg
テントのジッパーを引き上げると穏やかな湖面が目に飛び込む。


夜露で濡れたテントを乾かすことなくそそくさと収納袋へ。
コット、グランドシートなどスピーディに片付け起床後30分で遠慮気味にセルスターターをクリック。

寝ている人が多いのでアイドリングも程々にキャンプ場を出る。

近場の見どころをサクッと見て早い時間に日本海側に移動する、
動き出しが早いと1日が有効に使えるのはお仕事と同じ。

2016GW_2ndday_14.jpg
晴れてるけど、なんだかすっきりとしない空色。


走り出して20分ほど、エンジンも温まらないうちに最初の目的地
2016GW_2ndday_28.jpg
湖畔にある白髭神社へ。

目的はこちら
2016GW_2ndday_20.jpg
湖畔に佇む鳥居。
穏やかな湖面で対岸もほぼ見えないのでなかなかに綺麗。


2016GW_2ndday_38.jpg
そして、またもや20分ほど走り
マキノという場所にあるメタセコイア並木へ。

2016GW_2ndday_81.jpg
今回のツーリングではFLSTSにバイザーを着用。

2016GW_2ndday_70.jpg
こんな感じで2.4キロの並木道が続いていく。
撮影渋滞してたら意味がないので早めに来て正解。


早朝2つの見どころ的なことを済ませ、
鯖街道を日本海側に舵をとる。

若狭湾でとれる魚介類を京都へ運ぶための道だったようだ。
なかでも塩漬けされた鯖が美味しくてそれが名前の由来となったらしい。

鯖なんて傷みやすいし、寄生虫も要注意なのに
昔の人の味覚への探究心も対した情熱だな。

山間部と川と集落。
この組み合わせにはマイナスイオンを発生させる科学変化が存在するに違いない。
気持ちの良い街道を抜け小浜市に。


2016GW_2ndday_108.jpg
朝8時から営業しているんで、早朝にもう一つイベントを追加した。

2016GW_2ndday_110.jpg
くずまんじゅう。
水羊羹のペーストみたいなキメの細かく緩い餡子。

今日の朝食は和スイーツ。4月〜9月限定のようだ。

お土産で持ち帰るのは確実に無理なので
1個だけ店内で食べたら
日本三景の1つ「天橋立」へ。

昨晩に燃料補給を済ませていたので
ガソリンは入れずに舞鶴若狭自動車道路でワープ。

目的地まで残り60キロほどでエンジンが失火
トリップメーターは75マイル。
1年半をFLSTSと過ごしているが街乗りで大体95〜100マイルでリザーブになる。
昨日もそうだけど高速メインだと120マイルでリザーブになる。

1車線のトンネル内での不意のガス欠、
全然予見していなかったので、後続車へウィンカーで合図して
惰性で進みつつリザーブに切り替え。

疑問を感じつつも、残り4L弱ガソリンはあるはず。

大丈夫、天橋立までは十分だ。

そう思ったのも束の間、100マイルで再びプスプスッと力の抜けた音がエンジンから聞こえてきた。

2016GW_2ndday_101.jpeg
リザーブから25マイル、およそ40キロ進んだところでエンジンストップ。

ちょうど退避スペースがあってよかったよ。

やっちまった、GWのこんな時に。
東京海上のコールセンターで場所を伝え40分ほどでガソリン持ってくるそうだ。
2〜3時間も覚悟していたが思いの外に迅速で助かった。

バイクにもたれかかって待っていたら、
道路公団の車がやってきたガードレールの外で待機するように言われ
氏名住所車名などを渡されたペーパーに記入し、レスキューを待つ。

程なく携行缶に10Lのガソリンが届いた。

レスキューと公団にお礼を言い本線に戻る。

戸惑いながらも遅れを取り返すべく天橋立を目指す。

その後、100キロ弱で給油というペースを繰り返すことになる。
今後も田舎では早めの給油を心がけよう。。。


帰宅時まで検証していたが、
多少いつもより高速なのに燃費が悪いような気もするけど満タン給油が出来ていなかったのか?
と結論に至った。

スロットルでスカッとなる感覚が残ってしまい、なんか気持ち悪い感じで目的地のインター。
降りてすぐに4リッターほど給油(笑

観光スポットらしく道路が混雑している。

一時はどうなるかと思ったけど、午前中には無事到着。
2016GW_2ndday_141.jpg
リフトに乗って高台から眺めるようだ。
列もそんなでなく、チケットを購入したら割りかしすぐにリフトに乗れた。

2016GW_2ndday_123.jpg
リフトとモノレールのどっちに乗っても良い。
モノレールは1時間に3本と少なく、ぎゅうぎゅう詰めなので
小さいお子さんやご老体用と考えたほうがいいだろう。

2016GW_2ndday_127.jpg
真ん中の細い陸地が美しいらしい。。。

う〜ん。。。

今回の旅、ルート的に山陰に向かって鳥取砂丘を見ようかとも思っていたんだけど、
多分好みじゃないんだろうな。。。

天橋立も綺麗だとは思えなかった、
画角が悪いのか、天候が悪いのか、

これじゃ山口の角島の方が余程綺麗だ。

そんなわけで、砂丘もただの砂と解釈し
時間の無駄だと判断しよう。

無駄が楽しいんだろうけど、ルート引き的にうまくまとまらないしね


そのまま、丹後半島へ進み、
2016GW_2ndday_156.jpg
伊那の舟屋。
先ほどの景色よりもこっちが好み。
風情ある景色だ。

丹後半島の海岸沿い道路はちょうど突端で崩落していて通行止め、
周遊できないので来た道を戻る。

2016GW_2ndday_152.jpg
途中観光センター的なところで昼食。
2種類の貝の刺身が入った海鮮丼。

味はお土産センターレベルでは悪くないかんじ。

この後どうしようかな。。。

鳥取砂丘はガッカリから忘れよう。
翌日は天候が不安定だとの情報もあるので南下するのはイマイチ乗り切れない。

福井の下の方敦賀に行くことにしよう。
その辺りに泊まり、翌日天気良ければ岐阜高山、天気が微妙なら直帰すればいいや、
そんなノリ。


舞鶴若狭道路で来た道を戻り、三方五湖PAで休憩。
ネーミング的に期待したけど、景観は良くない。

時計を確認すると夕暮れまでもう少し、
福井県の敦賀というところまで移動して宿泊地としよう。

余談だが、
2016GW_2ndday_115.jpg
白い時計はバイクに合わん。。。

あまりの浮いた感じに思わず笑ってしまった。


敦賀の港町を見下ろせるキャンプ場でテント泊。
平日の連休の切れ間なので閑散というか、夕方時点で自分以外誰もいない。

18時で日本海さかな街という海鮮の食堂と土産物屋などが
併設された施設が閉まってしまうため急いで向かう。

可能であれば、戻ってきたときにお隣さんが居てほしい。。。

2016GW_2ndday_165.jpg
閉店45分前。

2016GW_2ndday_174.jpg
カツ丼と海鮮丼のコラボ。
はたしてどうなのだろうか?相性が気になるところだけど
普通のヤツをオーダー。
2016GW_2ndday_177.jpg
2500円の丼にしたけど、ボリューム薄感が否めない。

味わう間もなく胃に流し込んだら
夕暮れの港に向かってみる。

2016GW_2ndday_193.jpg
赤レンガ倉庫。
横浜のと比べると、とても小さい。

2016GW_2ndday_216.jpg
お風呂に入ってキャンプ場に戻るもご新規さんゼロ。。。

まぁしょうがない、若干気持ち悪いけど
テントに入ってしまえば関係ない。
トイレで起きるってこともないしね。

ただ、バイクは道路沿いの駐車場に止まっているんだよね、
ちょいちょい車の往来も感じるし、まさか盗難は平気と思うけど
落ち着かない気分になる。

で、夜景の見える場所なんで、
カップルとか若者とか女子とかが入れ替わり立ち替わり、
来るわけで、話し声が気になって気になってしょうがない。

向こうは向こうで、まさか闇に紛れて野宿しているとは思ってもないだろうけど。

2時間くらい様子見てたんだけど、寝れないとの判断に至り、
2016GW_2ndday_220.jpeg
こうなりました。
掛け布団がピンクであれですけど、普通のホテルです。
お風呂を利用したホテルに泊まることにしました。。。

3日目からは天気が微妙になってきます。
天候見て能登周りか、名古屋ショートカットか決めたいと思う。







Category: 2016GW_滋賀京都福井ツーリング

tb 0 : comments 2   
にほんブログ村 にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ にほんブログ村 アウトドアブログへ人気ブログランキングへ

2016GW_滋賀京都福井周遊ツーリング#1 

こんにちわ。

ゴールデンウィークも終盤ですね。

みなさんいかがお過ごしでしょうか?

自分はというと、仕事が入り乱れ、
事前の予定も段取りもすることなく、予定通り連休スタート。

確か初日が雨だったっけな?
とりあえず、急いで支度してもしょうがないので
のんびり行き先を検討する。

なんとなく、琵琶湖周遊でプランを考えてみた。
縁を通ったことはあっても、琵琶湖をしっかりと体感していない。
日本一の湖を観察してみよう、そんな感じで周辺をチェック。

旅の日程は最長で5日間。
見どころ薄な感じプンプンするので、
つまんなかったら切り上げるだけ。

渋滞もひどくなるし、それはそれでいいや。

そんな感じで、出発当日余裕の寝過ごし、
出発を諦める。

出発は翌日にしよう。
家を出たのは10時過ぎ。かなりルーズな感じ。

東名厚木ICから新東名へ、
山を切り裂いた道路なだけに景観に変化なく
退屈な景色がつづく。

山の中は多少肌寒くそして風が強い。

到達目標がモヤモヤしている今回の旅、寝ぼけ眼でアクセルを開けていく。

2016GW_1stday_4.jpeg
浜松SAで最初の休憩。
思ったより2輪が少ない、多分中途半端な日時なんだろう。

2016GW_1stday_3.jpeg
朝食は、ブラックコーヒーとちょっとローカルで有名なあんぱん。
パン工場の併設で直売もしている。

志しあるパン職人から見たら雑多なラインナップ。
繊細とは程遠い種類のパンが並ぶ。

商売とは面白いものだ、客のニーズを掴めば可能性が広がる。

ここの名物は、店舗とは別に2坪ほどのコンテナハウス屋台で目の前で揚げる、
カレーパンやアンドーナッツ、そして一番の人気は昔懐かし揚げパンだ。

ちょっとしたことで人気に火が出る。
飲食関係はやれば結果が出る割と素直な業界に思う。

ちょっと話は逸れたが、そこの別口の一押しパンが、
ポケットの中で潰されザブングルの加藤みたいな様相となってしまったあんぱんである。

厚木名物、丹沢あんぱん。

でも実は、厚木ではなく相模原だし丹沢とも程遠い。

フリーズ気味な脳みそに糖分を入れ、キンと冷えたブラックの缶コーヒーで流し込む。

トイレに寄ったらヘリテイジスプリンガーにもガソリンを流し込んで出発。

長い、静岡県は長い。
いい加減飽きてくるとようやく岡崎の文字が出てくる。

愛知県までもう少し、そしたら伊勢湾岸だ。

古びた感じの名古屋港。
片側4車線の橋の上から見る景色は、横浜のそれとは趣が異なり
またそれもいい感じで旅を盛り上げてくれる。

やっぱり景色から受ける刺激がツーリングの重要なスパイスだと再確認。
帰りは新東名ではなく東名で帰ろうと思う。

ナガシマスパーランドが見えてきた。

ここまでくると草津まであとちょっとな気持ちになってくる。
四日市JCTで東名阪、亀山JCTで新名神。
再び山間を走る。やっぱり高速の山間部はつまらない。

琵琶湖直近の瀬田西というインターで降りる。

朝起きてからあんぱん一つだけ。
さてと、何を食そうかな?

見る人が見れば微妙なチョイスだけど京都発祥の天下一品ラーメン。
2016GW_1stday_6.jpeg
今まで食べたこともなく、率先して食べようとも思わないので、
こちらの人々に愛されている味ということで、初天下一品ラーメン。

まぁ、味の好みは人それぞれ、
魚と鳥を炊き出した、ラーメンスープの範疇を超えるドロドロとした特徴的なスープ。
普通に食べれるし、オンリーワンな味だと思うけど個人的には好みでない。
スープも少しぬるかったしね。

お腹も満たされた事だし、
琵琶湖のほとりを走ってキャンプ場で休憩といこう。

2016GW_1stday_23.jpg
空が霞んでいる、薄曇りというかなんというか、
ぱっとしない天気。

空とリンクする湖面の美しさ。
微妙。

生活とリンクする立地で、湖周辺が観光地というより市街地なのだ。

そして路面が赤茶色に汚れている。
見た目に美しくない。帰宅後調べてみると、溶雪用のスプリンクラーが地下水のため
その水の鉄分が酸化してあんな事になっているそうです。

そうは言っても、滋賀県財政難なのかな?と思うくらい汚い印象を他県から来た人に印象付けてしまうように思う。

2016GW_1stday_25.jpg
程なくしてキャンプ場に到着。

2016GW_1stday_34.jpg
今回はミニピーク。

2016GW_2ndday_1.jpg
敷き布団の役目を果たすインフレーターマットがスローパンクチャーなコンディションとなってしまったため
コットなる仮設ベットなこのアイテムを購入してみたのだ。
仕舞寸法的に嵩張るんで消極的であっ
たけど、
なんとなく新規導入してみた。

使用感はいい感じだけど、希望としてはサドルバッグに入るサイズが理想だ。

2016GW_1stday_30.jpg
日が暮れてきた。
スマホで近所の温泉を探して、排ガス汚れを洗い流す。
加齢のせいか、顔への紫外線ダメージが例年よりキツイ感じがする。

大通りにあったマクドナルドで冷たいカフェラテを飲みながら
ツーリングマップルで明日の下調べ。

翌日のタイムロスを少なくするためガソリンを満タンに。

キャンプ場に戻って休息しよう。

2日目につづく。

Category: 2016GW_滋賀京都福井ツーリング

tb 0 : comments 0   
にほんブログ村 にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ にほんブログ村 アウトドアブログへ人気ブログランキングへ

FLSTS_日本のアルプスソロキャンプツーリング#2 

前回の続き。


奈良井宿を出発し野麦街道を走ってみる。
先述の通り、グーグルナビは使用していない。

直近で地図を見ておらず、藪原交差点、藪原駅で県道26号と記憶を頼りに進んで行く。

20150815_samatori_010.jpg
山間部は走っていると肌寒い。
長袖を1つ持ってきておけばよかった。

道中で1件のガソリンスタンド、ロープで封鎖されているそのスタンドは
手書きの看板で大きく地下の店舗は365日営業中とかいてある。

なぜ、国道沿いを閉鎖して、狭い通路で営業しているんだろう?
訝しげながら先を進んで行く。

>>Read More

Category: 2015夏旅_伊那木曽ソロツーリング

tb 0 : comments 4   
にほんブログ村 にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ にほんブログ村 アウトドアブログへ人気ブログランキングへ

FLSTS_日本のアルプスソロキャンプツーリング#1 

天候に恵まれた夏休み後半
直前の予報も煮え切らない感じ。

初日も2日目も夕立の可能性あり。
ここ最近のそれは東南アジアのスコールのようだ。

茅ヶ崎の海水浴場でハンマーヘッドシャークが30匹前後目撃されたように
地球の気候は変わりつつあるのかもしれない。

サメだ!大変だ!

それはサメのセリフでもある。サメも暑くて大変なんだよ。
人間はレジャーだけど、彼らは命がけである。


そんなわけで1泊2日で日本のアルプス(未踏のエリア)を周遊してきました。
20150815_samatori_005.jpg
伊那谷の盆地は周囲の全てが山脈。
展望スポットでの1枚。


>>Read More

Category: 2015夏旅_伊那木曽ソロツーリング

tb 0 : comments 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。